HOME > オール電化の電気工事 > 太陽光発電工事

太陽光発電

オール電化住宅の強い味方となってくれる太陽光発電システム。
こちらでは、ナショナル「サンベスト」をご紹介します。

掲載商品以外にも、多数の商品を取り扱っております。お気軽にお問い合わせください。

商品紹介

新しくなった「サンベスト」は、発電効率がアップ。三角形状のパネルもラインナップに加え、オール電化住宅を経済的にサポートします。

190シリーズ

●単位面積あたりの発電量が、
  従来品比で約24%アップ
 

165シリーズ 三角形状パネル

●三角形状パネルで敷設率を高め、
  発電量が従来品より最大53%アップ
190シリーズ
  • シリコン単結晶系のセルを採用することで、単位あたりの発電量は多結晶125W(従来品)に比べ、約24%の大幅アップ。省スペース設置を可能にし、切妻屋根でも寄棟屋根でも効率よく発電します。
165シリーズ 三角形状パネル
  • 四角形状と三角形状パネルの組み合わせにより、屋根面上でのパネルの敷設率をアップ。パネル自体の変換効率も従来品より高くなりました。
  • これまで、20枚のパネルで2500W(125W×20枚=2500W)のシステム構成をしていた屋根でも、18枚の搭載で3420W(190W×18枚)の高出力が得られるなど、大幅な発電量アップが可能です。
  • これまで、8枚+8枚=2000Wしか搭載できなかった小さな屋根にも、標準パネル6枚+三角パネル6枚(×2面)で2970Wの高出力が得られます。
  • 三角形状パネルは、寄棟屋根の全面をすみずみまで有効利用できます。
●屋根にかかる重量負荷を、約28%軽減
  • たとえば4750Wの出力の場合、従来品は38枚(456kg)必要でしたが、190シリーズは25枚(362.5kg)でまかなえるため、屋根への負荷を軽減できます。
  • 寄棟屋根に適したパネルサイズを採用し、最大枚数を搭載する際にも、すっきりとした配列が可能になりました。

商品仕様

●190シリーズ(セルタイプ:単結晶系 公称最大出力:190W)
型式 タイプ モジュール外寸
(幅×奥行×高さ)mm
MD-HD190T 建材型(段葺き) 1474×853×27
MD-HH190T 屋根置き型 他 1456×811×46
MD-H190T 建材型(棟通気) 1466×821×20
●165シリーズ(セルタイプ:単結晶 公称最大出力:165W)
型式 タイプ モジュール外寸
(幅×奥行×高さ)mm
MD-MD165S 建材型(段葺き) 1008×1207×27
MD-MH165S 屋根置き型 他 990×1165×46
MD-MH83RS 三角モジュール 990×1165×46

※価格はすべて税込み・工事費別です。

参考価格

工事費用込みで2,100,000円〜

※3kw出力を想定して算出しています。


お問い合わせはこちら